サイトメニュー

結婚間近に悩みが起こる

カウンセリング

結婚がイヤと言うことではない

大好きな人との結婚が控えている時、心が落ち込むなど考えもつかない人も多いのではないでしょうか。人生で最も輝く時期にブルーな心境になるなど、理解出来ないと言う人がいても不思議ではありません。ですがここ最近の傾向として、このマリッジブルーにかかる人が多くなって来ています。それも女性だけでなく、男性にもあると言われるまでになって来ているのも現状です。マリッジブルーとは結婚を控えた人がかかるもので、結婚後の人生に不安を覚えてしまうことが大きな原因とも言われています。最近では片方との両親と一緒に住むと言う傾向は少なくなっているのですが、その相手側の親と上手くやって行く自信がないとブルーな心境に陥ってしまう人も増えている事実があります。このマリッジブルー基本的には女性が多くかかることが多いのですが、その理由には女性の方の環境変化が大きいことと考えられます。苗字が変わると言ったことや仕事を辞めるとか変わることにもなりかねません。これら社会環境に上手く心がついて行くことに対し悩むことでマリッジブルー症状が出て来ると思われます。そんな症状の緩和や症状を取り除くには、一緒になる人や家族と言った周囲の人の助けが必要になります。一日も早く問題解決に取り組むことが最良の方法になるはずです。

マリッジブルー症状と言われるものにかかる最大の理由は、自信のなさと言われます。向こう側の両親や親戚と上手く付き合うことが出来るのだろうか、子供はキチンと育てることが出来るのだろうか、家計は赤字にならないように工夫出来るだろうかと言った生活に自信を持てない人が多いとされます。しかしこれらの問題は慌てずに、解決することが出来るはずです。相手側に両親や親戚に関することでは、彼・彼女から情報をもらうと言うことです。付き合う頻度などを知っておき、二人では今後どの頻度を選ぶのかキチンと相談すること解決に向かいます。また子育ては実際に経験しなければ判りません。自分の両親に話を聞くことも良い方法ですが、育児本を良く読むなどから情報を仕入れることや彼に協力を求めることも忘れないようにすべきです。子供は二人で一緒に育てる感覚を持つことが、大事なことになります。そして主婦業を含め失敗を恐れないことが重要で、誰もが経験のないことに失敗はつきものと考えましょう。失敗を繰り返して人は成長すると考えるべきです。マリッジブルー症状を改善する方法には、病院へ通うと言う方法も考えられますが、その前に自分で新たな目標を持ってそのことに励むと言った方法もあります。その方法一つに料理教室に通い料理の腕を上げることや、料理教室には似た環境を経験した人がいて話を聞けることもあると思われます。